アーカイブ設定について

URLマップについて

「URLマップ」モデルは、これまでの PowerCMSにおける「アーカイブマッピング(TemplateMapモデル)」に相当するものですが、いくつかこれまでの PowerCMS とは異なる部分があります。

PowerCMS との違い

  • 「URLマップ」オブジェクトは、ビュー(テンプレート)とモデル(アーカイブ種別)を1対1で関連付けて、ファイル出力や再構築についてのルールを定義したものです。
  • ビュー(テンプレート)が出力されるパスはすべて「URLマップ」オブジェクトで決められます。インデックス・テンプレートに相当するものも、ビュー(テンプレート)に対する「URLマップ」オブジェクトを一つ作成し、出力ルールが定義されます。
  • 「%b」や「%f」といった指定方法はできず、すべてテンプレート・タグを用いて組み立てます。
  • 「URLマップ」オブジェクトには「コンテナ」を指定できます。アーカイブ種別「カテゴリ」に対する「記事」コンテナを指定した時、カテゴリに属する記事のみを対象とした一覧の出力アーカイブが設定できます。
  • 再構築トリガーはMultiBlogプラグインの設定ではなく、「URLマップ」オブジェクトに対して設定します。

「記事」に対するURLマップの設定の例

URLマップ「記事」の設定

項目 説明 指定例
名前 任意の名称 記事アーカイブ
アーカイブ種別 対象のモデル 記事
URLマップ 出力ルール <mt:entrycategories limit="1"><mt:categorypath />/</mt:entrycategories><mt:entrybasename>.html
コンテナ 子モデル 指定なし
再構築トリガー どのモデルのオブジェクトが更新・削除された時にアーカイブを再構築するか(※1) メニュー
ビュー 利用するビュー(テンプレート) 記事テンプレート
日付ベース 年/年度/月/日別アーカイブ 指定なし
ファイル出力 出力タイプ 静的

※1「ファイル出力」が「静的」「オンデマンド」以外の時、この設定欄は非表示となります。

「記事」URLマップ(パス)の設定例

パス 説明
<mt:entrycategories limit="1"><mt:categorypath />/</mt:entrycategories><mt:entrybasename>.html プライマリカテゴリのパス/出力ファイル名.html
<mt:entrydate format="Y">/<mt:entrydate format="m">/<mt:entrybasename>.html 公開年/公開月(0埋めの2桁)/出力ファイル名.html

※2 ファイル出力は以下から選択可能です。

ファイル出力のオプション

タイプ説明
静的静的(スタティック)にファイルを出力
動的ダイナミックにアクセスのたびにページ生成
オンデマンド最初のアクセス時に静的ページ生成
キュー非同期にバッチで静的ファイル生成

「カテゴリ」に対するURLマップの設定の例

URLマップ「カテゴリ」の設定

項目 説明 指定例
名前 任意の名称 カテゴリアーカイブ
アーカイブ種別 対象のモデル カテゴリ
URLマップ 出力ルール <mt:categorypath>/index.html
コンテナ 子モデル 記事(※)
再構築トリガー どのモデルのオブジェクトが更新・削除された時にアーカイブを再構築するか 記事/メニュー(同一スコープのみを対象)
ビュー 利用するビュー(テンプレート) 記事一覧
日付ベース 年/年度/月/日別アーカイブ 指定なし
ファイル出力 出力タイプ 静的

※ システムスコープの時、コンテナに配下のオブジェクトを含むかどうかを指定するチェックボックスが表示されます。


インデックス・アーカイブ / 日付ベースアーカイブのURLマップの設定の例

URLマップ「年別記事一覧」の設定

項目 説明 指定例
名前 任意の名称 年別記事一覧
アーカイブ種別 対象のモデル インデックス(ビュー)
URLマップ 出力ルール <mt:archivedate format="Y">/index.html
コンテナ 子モデル 記事
再構築トリガー どのモデルのオブジェクトが更新・削除された時にアーカイブを再構築するか 記事/メニュー(同一スコープのみを対象)
ビュー 利用するビュー(テンプレート) 記事一覧
日付ベース 年/年度/月/日別アーカイブ 年(※)
ファイル出力 出力タイプ 静的

※「年度別」を選択した時、「開始月」を入力するフィールドが表示されます。