Twitter との連携機能 (PostOnTwitter プラグイン)

PostOnTwitter プラグインを利用することで、ページ公開時に Twitter への投稿を行うことができます。
記事やページ等のモデルはもちろん、PowerCMS X で独自に作成したモデルの公開時にも投稿することができます。

有効化

  • システムのプラグインの管理画面で PostOnTwitter にチェックを入れて有効化します。
  • システムの PostOnTwitter プラグイン設定ダイアログの Twitter アプリに関する設定を行います。
    • 設定には Twitter Apps の登録が必用です。
  • システムや各スペースの PostOnTwitter プラグイン設定ダイアログのツイート機能の利用設定を有効にします。

ツイートを行う

プラグイン設定「ツイート設定: 対象モデル」で選択したモデルのオブジェクト編集画面に、「公開時に Twitter へ投稿する」チェックボックスが追加されます。
チェックを入れたオブジェクトが公開された時、連携している Twitter アカウントでツイートを行います。

* ツイートは初回公開時のみ行われます。
* ツイートされたオブジェクトの編集画面にはツイートを行った日付が表示されます。


プラグイン設定

Twitter アプリに関する設定

PostOnTwitter プラグインでは Twitter API を利用して PowerCMS X から Tiwtter へツイートを行います。

* Twitter アプリが必用となりますので、お持ちでない方は Twitter アプリの登録 を行ってください。
* PowerCMS X から投稿するために Twitter アプリの設定「Read and write」を選択してください。

システムの PostOnTwitter プラグイン設定で作成した Twitter アプリの下記情報を設定します。

  • API key
  • API secret key

共通設定

共通設定を入力しておくことで、システム・スペースの PostOnTwitter プラグイン設定で共通設定を利用できます。
システム・スペース毎に、共通設定を利用するか該当スペース用に設定を行うかを選択することができます。

ツイート機能の利用設定

システム・スコープ毎に機能の有効/無効が選択できます。

Twitter アカウント設定

ツイートする Twitter アカウントの連携をします。

「クリックして Access Token を取得してください」ボタンをクリックし、連携したい Twitter アカウントでログインし連携アプリを承認します。

連携が成功すると次の項目に自動で値が設定されます。

  • アカウント名
  • Access token
  • Access token secret

連携を解除するには、チェックボックス「連携を解除する」にチェックを入れてプラグイン設定を保存してください。
PowerCMS X に保存しているデータを削除します。

* Twitter アカウントに保存されている「アプリとセッション」からは削除されませんので、別途 Twitter にログインして連携解除を行ってください。

ツイート設定: 対象モデル

優先アーカイブが存在するモデルの一覧から対象のモデルを選択します。

ツイート設定: ツイートビュー

対象モデルが公開された時にツイートする内容を設定します。

  • テンプレート・タグが利用可能です
  • 公開されたオブジェクトのパーマリンクが末尾に記載されます(自動)
  • ツイート内容が 150 文字を超えた場合は自動的に省略されます

下記予約変数が用意されています。

テンプレート変数名 取得できるデータ コードサンプル
model ツイートするオブジェクトのモデル名 <mt:var name="model">
model_label ツイートするオブジェクトのモデルラベル <mt:var name="model_label">
object_id ツイートするオブジェクトのID <mt:var name="object_id">
object_primary ツイートするオブジェクトのプライマリデータ <mt:var name="object_primary">

ツイートするオブジェクトのテンプレート・タグを利用できます。

<mt:for trim_space="1">
  <mt:if name="model" eq="entry">
    <mt:entrytitle>
    <mt:entrycategories glue=","><mt:if name="__first__"> [</mt:if><mt:categorylabel><mt:if name="__last__">]</mt:if></mt:entrycategories>
  <mt:elseif name="model" eq="foo">
    foo ...
  <mt:elseif name="model" eq="bar">
    bar ...
  </mt:if>
</mt:for>

プラグインを有効にすることで利用可能になるテンプレート・タグ

条件タグ

mt:ifPostOnTwitterEnabled

ツイート機能が有効になっているかを判別します。
タグ属性「workspace_id」に判別対象のスペースの ID を指定可能です ( 省略時は現在のコンテキストのワークスペースになります ) 。

mt:ifPostOnTwitterTweetModel

タグ属性「model」に指定したモデルがツイート対象のモデルかを判別します。
タグ属性「workspace_id」に判別対象のスペースの ID を指定可能です ( 省略時は現在のコンテキストのワークスペースになります ) 。

PostOnTwitter プラグインを利用することで、ページ公開時に Twitter への投稿を行うことができます。
記事やページ等のモデルはもちろん、PowerCMS X で独自に作成したモデルの公開時にも投稿することができます。