PowerCMS X ver.3 開発者ミーティング 〜現場のエンジニアから〜

11月8日にリリースいたしました PowerCMS X ver.3 のご紹介を兼ね、エンジニア向けの無料オンラインセミナーを開催いたします。
PowerCMS X を使ってのウェブサイトの構築・開発を担当されている方、今後 PowerCMS X を用いた構築案件に携わる可能性のある方などが対象です。
RESTful API を追加、静的サイトジェネレーターをバンドル、AWS 連携の強化、70言語以上の AI 多言語翻訳に対応、複数のテンプレート記法をサポートなど、新機能を多数追加した新しいバージョンです。
新しい機能に触れ、理解を深めることができる絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。

※新バージョンのセミナーの前に、製品に初めて触れる方、PowerCMS Xの基本的なことを知りたい方向けのミニセミナーを行います。新バージョンの紹介の前に基礎知識を得ておきたい方はあわせてご参加ください。

セミナー概要

開催日時
2021年12月9日 木曜日
ミニセミナー:12時20分〜13時
本編:13時〜14時30分
参加方法
このページ下部のフォームからお申し込みください。お申込者様にイベント URL をご案内します。
会場
Zoom
参加費
無料

このような方におすすめ

※製品に初めて触れる方、PowerCMS Xの基本的なことを知りたい方は、新バージョンの紹介の前にミニセミナーを行います。基礎知識を得ておきたい方は、ミニセミナーもあわせてご参加ください。

プログラム

登壇者のご紹介

写真:野田 純生

野田 純生(のだ すみお)

2003年11月アルファサード社を設立、代表取締役社長。
Webアクセシビリティを重視したサイト制作をモットーに、数多くの企業・公共機関のサイト制作に携わる。ソフトウェアの開発が趣味であり仕事でもある。 2007年11月商用 CMS「PowerCMS」を提供開始。PowerCMS は既に3,000サイト以上に導入されている。PowerCMS Xを開発し 2018年秋にリリース。日本初のやさしい日本語化エンジン「伝えるウェブ」開発者。

写真:長内 毅志

長内 毅志(おさない たけし)

早稲田大学卒業後、株式会社アスキーでゲーム事業に従事。ベンチャー企業やモバイル事業者、ウェブシステム会社などでテクニカルディレクター、プロダクトマネージャー、DevRel などを担当。
現在はSaaS 企業で技術マーケティングを担当しながら、個人としてウェブシステムおよびバックエンドエンジニアとして活動する。

写真:藤本 裕考

藤本 裕考(ふじもと ひろたか)

2005年アルファサード入社。主にフロントエンドエンジニアとして HTML や CSS、JavaScript、CMS(PowerCMS、PowerCMS X)のテンプレート実装を担当。

タイムテーブル

ミニセミナー 非エンジニア向け

開始時間 内容
12時20分 PowerCMS X の製品概要と PowerCMS 5 との違い

本編 エンジニア向け

開始時間 内容
13時00分 ご挨拶
13時05分 PowerCMS X ver.3 の概要
13時25分 AWS を利用したウェブサイトホスティングと PowerCMS X
13時45分 RESTful API
14時05分 強化されたテーマ機能とGitHub連携
14時25分 質疑

質疑はチャットを利用予定です。突っ込んだ質問も大歓迎です。
多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

注意事項

お申込みはこちらから

ヒント 弊社製品・サービス等についてのメールを配信いたします。