PowerCMS X Ver1.115リリースノート

公開日  :  2019-11-22 12:10

2019-11-22

version 1.115

  • テーマの「(Website) HTML Header」にhead要素が重複していた問題を修正しました。
  • 依存関係の再構築のうち、日付アーカイブが出力されない問題を修正しました。
  • URLの削除フラグが正しくセットされない問題を修正しました。
  • ファンクションタグ「mt:math」で、四則演算('%', '/', '+', '-' , '*')をサポートしました。
  • プラグイン「SiteMap」で「添付ファイルを含む」が正しくフィルタされない問題を修正しました。
  • プラグイン「BatchApproval」のメールの翻訳漏れを修正しました。
  • フォームの保存時のメールアドレスのバリデーションを修正し、「名前<address@example.com>」形式のメールアドレスをサポートしました。
  • プラグイン「DisplayOptions」で、権限のないユーザーに対してメニューが表示される問題を修正しました。
  • Chromeでワークフローのユーザー変更の表示が崩れる問題を修正しました。
  • プラグイン「BatchApproval」でレビュワーが権限を超えてオブジェクトを公開できる問題を修正しました。
  • チェックボックス、ラジオボタン、ドロップダウン、階層などでカラムの「変更不可」設定が有効にならない問題を修正しました。
  • プラグイン「DisplayOptions」で、作成・編集画面の画面オプションに対する変更が許可されていない時、画面オプションボタンを非表示になるようにしました。
  • プラグイン「DisplayOptions」で、除外権限のフィルタが正しく動作していなかった問題を修正しました。

2019-11-01

version 1.114

  • プラグイン「BannedWords」で、禁止ワードを含むカラム名が翻訳されて表示されるようになりました。
  • 17文字以上のバイナリ型カラムにファイルがアップロードできない問題を修正しました。
  • MT形式、WordPress形式のファイルからのデータ移行時、同名のカテゴリが別スコープにある時カテゴリが生成されない問題を修正しました。
  • 日付ベースアーカイブで ignore_archive_context 属性が効いていない問題を修正しました。
  • 特定のフィルタを指定してダイアログを開いた時に、ダイアログのフィルタを固定化するようにしました。
  • 一覧画面の画面オプションで「検索タイプ」のANDを選択して保存できない問題を修正しました。
  • ビューの編集画面で、条件タグの外で「mt:else」「mt:elseif」が利用されている時に警告を表示するようにしました。
  • ユーザーロックアウトされた後も、正しいパスワードを入力すると、ロックアウトされずにログインできる問題を修正しました。
  • 長いテキストが格納されているカスタムフィールドの出力が255文字で切れる問題を修正しました。
  • カスタムフィールドの値が編集画面でHTMLエスケープされない問題を修正しました。
  • リッチテキスト型のカスタムフィールドの値が保存できない問題を修正しました。
  • リビジョンの予約差し替えを実行すると、タグが重複してしまう問題を修正しました。
  • ログの一覧画面で、filter_log_level が正しくフィルタされない問題を修正しました。
  • 前後のオブジェクトを取得する nextprev タグが workspace単位の取得, LivePreview に対応しました。
  • カラムタイプ変更時、既存のカラムに変換不可の値がある時にエラーを返すようにしました。
  • テキスト型カラムのないモデルでは一覧画面の検索ボックスを非表示にするようにしました。
  • 「SearchEstraier」プラグインで、全文検索実行時に全角半角を吸収するようにしました。
  • 環境によって文字列「&」を含むGETパラメタが壊れる問題を修正しました。
  • プラグイン「CookieUtilities」を追加しました。
  • ブロックタグ「mt:referencedobjects」が1件しか処理しない問題を修正しました。
  • setvartemplate を利用するとブロックタグ「mt:nestableobjects」の予約変数 __last__がループ外でリセットされない問題を修正しました。
  • ワークフローのユーザー選択ダイアログでフィルタ適用や検索実行時にパラメタが引き継がれるようにしました。
  • ワークフローのユーザー選択ダイアログで ID による検索を行うと意図しないユーザーが表示される問題を修正しました。
  • 編集画面に添付した画像が透過画像の時、loading 画像が表示されたままになっていた点を修正しました。
  • 外部プレビュー有効期限の日付入力欄を大きくしました。
  • 複数ファイルアップロード時のステータスをユーザーの権限に応じてセットするようになりました。環境変数「upload_compat」を指定するとこれまでの振る舞いに戻ります。
  • アセット選択ダイアログで削除権限のないユーザーがアセットを選択できない問題を修正しました。
  • ファイルキャッシュを指定している時、キャシュディレクトリがない時にキャッシュが生成されない問題を修正しました。
  • プラグインディレクトリに空のフォルダが存在する時、特定のプラグインが認識されない問題を修正しました。
  • モデルの編集画面で、カラムのタイプが「テキスト(50)」の時、「選択項目」が選べない問題を修正しました。
  • オブジェクトの編集画面で、not_nullが反映されない問題を修正しました。
  • ファンクションタグ「mt:mtime」を追加しました、file 又は module 属性を指定して、該当ファイル/モジュールの更新タイムスタンプを取得します。
  • パスワードの検証が正しく動作しない(パスワードの制約が有効にならない)問題を修正しました。
  • ワークフローのユーザ選択ダイアログでは「新しいユーザーリンク」「ユーザー詳細画面へのリンク」「複製リンク」を表示しないようにしました。
  • ワークフローのユーザ選択ダイアログから画面オプション更新時にパラメタが引き継がれない問題を修正しました。
  • CSVインポートで2行目以降がインポートできないケースを修正しました。
  • ブロックタグ「mt:if」に tag 属性を指定した時の処理の負荷を低減し、高速化しました。
  • 管理画面から新規タグが保存できない問題を修正しました。
  • リレーションのロードの時 sort 指定カラムが SELECT文の対象外になり、エラーとなる問題を修正しました。
  • URLの一覧からのリセットでエラーとなる問題を修正しました。
  • CSVインポートでメタデータが空の時、関連付けを外すようにしました。
  • オブジェクトをループ出力するブロックタグに ignore_filter 属性を追加できるようになりました。
  • ブロックタグ「mt:speedmeter」に開始コメントを追加しました。
  • ブロックタグ「mt:referencedobjects」(リレーションの逆引き)タグを追加しました。
  • 一覧画面でステータスの公開以外 / 公開終了フィルタを追加しました。
  • ログの一覧画面でログレベルを文字列表示するようにしました。
  • リストフィルタのドロップダウンの幅を広くしました。
  • 一覧画面で、リビジョンの検索に対応しました。
  • テンプレートのコンテキストでオブジェクトのカウントが取れない問題を修正しました。
  • プラグイン「SiteMap」で「サムネイルを含む」が正しくフィルタされない問題を修正しました。
  • エディタにアセットを貼り付けたとき、リレーションエディタにIDが渡らない問題を修正しました。
  • プラグイン「BannedWords」に Readmeを追加しました。
  • db-config.php で「PADO_DB_CHARSET」(デフォルトのキャラクターセット)を指定可能になりました。
カテゴリ   :   リリースノート
最終更新 : 2019-11-22 12:41