PowerCMS X ver.2.585リリースノート

公開日  :  2021-11-08 09:55

version 2.585

  • プラグインを無効化できない問題を修正しました。
  • 一度に多くのプラグインを有効化・無効化・アップグレードするとレスポンスに時間がかかる問題を修正しました。
  • プラグイン「AppProperties」で「fix_email_from」でメールアドレスを設定すると値がtrueになってしまう問題を修正しました。
  • プラグイン「ExternalPreview」で環境変数「external_preview_cookie_expires」に大きな値を指定している時、異なるモデルの外部プレビューがステータス 404になる問題を修正しました。
  • プラグイン「PluginStarter」でバリデーションエラーになった時、一部コールバックの設定済の値が引き継がれない問題を修正しました。
  • プラグイン「PluginStarter」で「pre_preview」「post_preview」コールバックをエクスポートした時にメソッドが PHPファイルに追加されない問題を修正しました。
  • リッチテキストエディタの全画面モードにしている時、ファイル選択・アップロードのダイアログがエディタの背面に隠れる問題を修正しました。
  • オブジェクトの編集画面におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性を修正しました。
  • 「pt-check.php」のチェックで拡張モジュール「mbstring」のチェックを追加しました。
  • 環境変数「system_info_url」が nullの時、pt-check.phpで外部通信を試さないようにしました。
  • 環境変数「pt_check_url」を追加しました。pt-check.phpの URLを指定します。
  • 再構築画面でmain要素が重複していた問題を修正しました。
  • プラグイン有効化時に「locale」ディレクトリが存在しないと「upgrade_functions」が走らない問題を修正しました。
  • プラグイン「HTMLImporter」のタイトルのラジオボタンのチェックでヘルプのテキストが切り替わらない問題を修正しました。
  • PADOの countメソッドで limitが効かない問題を修正しました。
  • すべてを再構築ボタンの前処理の速度を向上しました。
  • プラグイン「PluginStarter」で「pre_preview」「post_preview」コールバックをエクスポートした時にメソッドが PHPファイルにエクスポートされない問題を修正しました。
  • AppPropertiesの「fix_email_from」でメールアドレスを設定すると値:trueになってしまう問題を修正しました。
  • スケジュールタスクで「URLの再パブリッシュ」が毎回ログに残るケースを修正しました。
  • スケジュールタスクの「テーブルの最適化」でSQLエラーが出るケースを修正しました。
  • 「mt:entries」などのオブジェクトをループするブロックタグでソート順に field:フィールド名、あわせてlimitを指定した時に意図したオブジェクトが取得できない問題を修正しました。
  • プラグイン「ExclusionControl」でスペースの排他制御が効かない問題を修正しました。
  • プレビュー・外部プレビュー・非公開コンテンツではプラグイン「AccessAnalytics」のアクティビティを保存しないようにしました。
  • PTMembersクラスの runメソッドで、return_argsパラメタをセットするようにしました。
  • グローバルモディファイア「normarize」を「normalize」に修正しました。「normarize」は後方互換のために残っています。
  • システムの一覧表示権限がない時に、プラグイン「AccessAnalytics」のすべてのページビュー、すべての検索ワードが閲覧できないケースを修正しました。
  • 添付ファイルが存在しなかった時 non-object エラーが出る問題を修正しました。
  • インポート時に workspace_id が 0になる問題を修正を修正しました。
  • アプリケーションを設置済みで管理画面からインストールを行っていない状態で、スケジュールタスクを実行するといくつかのテーブルが生成されてしまう問題を修正しました。
  • 外部プレビューを有効化している画面で JavaScriptエラーが出る問題を修正しました。
  • プラグイン「SimplifiedJapanese」の「furigana」モディファイアで分かち書きを指定している時「&」などの文字列が分解されてしまう問題を修正しました。
  • ビューの編集画面に「mt:includeblock」で指定したモジュールのリンクが出ない問題を修正しました。
  • プラグイン「LivePreview」に同梱している「CMSのドメインとウェブサイトのドメインが異なる時に利用する HTML のサンプルファイル」が期待した動作とならない問題を修正しました。
  • アセットと添付ファイルのパーマリンクがサムネイルの URLになるケースを修正しました。
  • 「mt:entries」などのオブジェクトをループするブロックタグにリレーションのカラムのフィルタを指定している時ライブプレビューによるフィルタが効かない問題を修正しました。
  • プラグイン「ImageWebP」で変換した画像が外部プレビューで表示されない問題を修正しました。
  • アセットのパス、ファイル名を変更した時、エディタへのファイル挿入時に古いパスが選択されるケースを修正しました。
  • フィールドが可変長もしくは複数の値を持つ時に値が最初のコントロールの値になってしまう問題を修正しました。
  • 画像、アセット型のフィールドのスタイルを調整しました。
  • 可変長フィールドのスタイルを調整しました。
  • 環境変数「query_cache」が true の時、「mt:mixedobjects」タグが正しい結果を返さない問題を修正しました。
  • ファンクションタグ「mt:vardump」で変数名に大文字を含む時に値が取得できない問題を修正しました。
  • コンパイルキャッシュが生成されていない時、パーマリンクのあるモデルの一覧や編集画面の表示に時間がかかる問題を修正しました。
  • プラグインひな形のコールバック「post_import」を選択しても保存されない問題を修正しました。
  • 環境変数「clean_up_published_url」を追加しました。削除フラグのない URLをスケジュールタスクで整理対象にします。初期値は falseです。
  • チェックボックス、ラジオボタン型のフィールドの値が保存されない問題を修正しました。
  • 選択できるフィールドが存在しない時、フィールド選択のドロップダウンメニューを非表示にしました。
  • PHP設定の「memory_limit」が「-1」の時タスクがスキップされる問題を修正しました。
  • 静的生成の時「mt:include」タグの「file属性」からサイト URL配下のファイルを取得できない問題を修正しました。
  • 環境変数「keywords_use_mecab」を指定している時、プラグイン「keywords」のブロックタグ「mt:autokeyrowds」タグ内で連続した英単語の間の空白が消える問題を修正しました。
  • 数値型 1対1 のリレーションカラムの設定を変更した際に disp_edit カラム rel_model カラムが更新されない問題を修正しました。
  • プラグイン「AppProperties」で「fix_email_from」でメールアドレスを設定すると値がtrueになってしまう問題を修正しました。
  • プラグイン「SyteSync」のルートディレクトリが「https:/」になるケースを修正しました。
  • メールマガジンの編集画面でメルマガ購読者を選択する画面での全件数が正しくない件を修正しました。
  • プラグイン「MTMLReference」が生成するタグリファレンスにタグを提供する PHPクラス名と追加されたタグのバージョンを表示するようにしました。
  • idが nullのオブジェクトをクラス Prototypeの remove_objectメソッドに渡すと全件が削除される問題を修正しました。
カテゴリ   :   リリースノート
最終更新 : 2021-11-08 10:00