PowerCMS X ver.3.04 / 2.62リリースノート

公開日  :  2022-04-15 10:30

version 3.04

新機能

  • プラグイン「ImageInfo」を追加しました。画像に関する様々な情報を取得してアクセシビリティを検証します。
  • プラグイン「Text2OgImage」を追加しました。テキストを画像化して og:image を作成してアセットに登録します。
  • プラグイン「ExportContents」を追加しました。サイト・パス配下のコンテンツを ZIPファイルでエクスポートする機能を提供します。
  • プラグイン「VideoCaptions」に「音声ガイドを作成して合成する」機能を追加しました。
  • プラグイン「VideoCaptions」で.vttファイルの改行が反映されるようになりました。
  • プラグイン「VideoCaptions」でキャプションに選択できるフォントを増やしました。
  • 代替テンプレートに「include/edit/edit_type_編集タイプ.tmpl」を指定できるようになりました。
  • グローバルモディファイア「encode_url_basename」を追加しました。URLのファイル名のみを urlencodeします。

改善された機能

  • プラグイン「VideoCaptions」で合成字幕作成時に動画の長さを超えた開始時間のキャプション用の画像作成処理をスキップするようにしました。
  • RESTfulAPIのキャッシュクリアをバックグラウンドで実行するようにしました。
  • スキーマアップグレード時にカラムが「選択項目」の時の選択肢を更新しないようにしました。
  • 「pt-check.php」の画面に libxml のバージョンを表示するようにしました。
  • ダイナミックパブリッシングで、URLオブジェクトに対応するオブジェクトが存在しないケースでエラーを返すようにしました。
  • 「rebuild_async」指定のある時、オブジェクトの保存時にバイナリファイルを先に出力するようにしました。
  • プラグイン「DynamicCaching」でポップアップからの再構築時にトリガー設定によるキャッシュのクリアを行わないようにしました。
  • テーマ「Website」のページ見出しのサイズを調整しました。
  • PTCacheクラスの flushメソッドでのキャッシュの全クリアをバックグラウンドで1回だけ実行するようにしました。

修正・変更された機能

  • 「mt:entries」などのオブジェクトをループするブロックタグにリレーションのカラムのフィルタを複数指定している時、OR検索の指定後に and_or指定が残ってしまう問題を修正しました。
  • 「mt:entries」などのオブジェクトをループするブロックタグにリレーションのカラムのフィルタを複数指定している時、OR検索を使用するといずれかのリレーションカラムにマッチしたデータが全て表示されてしまう問題を修正しました。
  • モデルの更新時に「Undefined constant PADO_DB_BLOBPATH」エラーが出るケースを修正しました。
  • プラグイン「LivePreview」でアーカイブの URLオブジェクトが生成されているオブジェクトのバイナリカラムのファイルが 404 not found となるケースを修正しました。
  • ポップアップウィンドウでの再構築時間が正しく表示されなくなっている問題を修正しました。
  • プラグイン「PluginStarter」でメニューのスコープを「すべて」に指定している時、config.jsonのメニューの項目のスコープが正しくセットされない問題を修正しました。
  • プラグイン「DisplayOptions」が有効な時、スペースの再構築ボタンが表示されないケースを修正しました。
  • プラグイン「VideoCaptions」でタブ区切りテキストに行単位でペーストできない問題を修正しました。
  • プラグイン「VideoCaptions」でファイル名にスペースやマルチバイト文字を含む時、動画が切り替わらない問題を修正しました。
  • エディタへのアセットの挿入画面でプレビューアイコンのリンク先が正しくセットされない問題を修正しました。
  • URLに「%20」文字列を含む時ダイナミック・パブリッシングでページが表示できないケースを修正しました。
  • スケジュールタスクの実行時に Undefined array key 0 (2) occuredエラーが出力される問題を修正しました。
  • URLマップに「../」を含む時、深夜のスケジュールタスクの実行時にURLが付け替えられてしまう問題を修正しました。尚、URLマップに「../」を含むのは非推奨となります。
  • 「%20」を含むURLが深夜のスケジュールタスクの実行時に「%20」が「 」(半角スペース)に置き換えられてしまう問題を修正しました。
  • アセットのリビジョンを作成した時にオリジナルのファイルがディスクから削除される問題を修正しました。
  • プラグイン「Members」が提供するプロフィール編集画面でカラムに設定されているバリデーションが行われない問題を修正しました。
  • プラグイン「Abs2Rel」でパスのない URL がエラーとなる問題を修正しました。
  • プラグイン「DisplayOptions」の「メニューの表示調整」画面で、システムスコープの時に不要なモデルが表示される問題を修正しました。
  • プラグイン「SimplifiedJapanese」の summarizeメソッドでstrongなどの一部のタグを含む時に Undefined variable: element (8) occured エラーが出るのを修正しました。

version 2.62

改善された機能

  • スキーマアップグレード時にカラムが「選択項目」の時の選択肢を更新しないようにしました。
  • 「pt-check.php」の画面に libxml のバージョンを表示するようにしました。
  • ダイナミックパブリッシングで、URLオブジェクトに対応するオブジェクトが存在しないケースでエラーを返すようにしました。
  • 「rebuild_async」指定のある時、オブジェクトの保存時にバイナリファイルを先に出力するようにしました。
  • プラグイン「DynamicCaching」でポップアップからの再構築時にトリガー設定によるキャッシュのクリアを行わないようにしました。
  • テーマ「Website」のページ見出しのサイズを調整しました。
  • PTCacheクラスの flushメソッドでのキャッシュの全クリアをバックグラウンドで1回だけ実行するようにしました。

修正・変更された機能

  • 「mt:entries」などのオブジェクトをループするブロックタグにリレーションのカラムのフィルタを複数指定している時、OR検索の指定後に and_or指定が残ってしまう問題を修正しました。
  • 「mt:entries」などのオブジェクトをループするブロックタグにリレーションのカラムのフィルタを複数指定している時、OR検索を使用するといずれかのリレーションカラムにマッチしたデータが全て表示されてしまう問題を修正しました。
  • モデルの更新時に「Undefined constant PADO_DB_BLOBPATH」エラーが出るケースを修正しました。
  • プラグイン「LivePreview」でアーカイブの URLオブジェクトが生成されているオブジェクトのバイナリカラムのファイルが 404 not found となるケースを修正しました。
  • ポップアップウィンドウでの再構築時間が正しく表示されなくなっている問題を修正しました。
  • プラグイン「PluginStarter」でメニューのスコープを「すべて」に指定している時、config.jsonのメニューの項目のスコープが正しくセットされない問題を修正しました。
  • プラグイン「DisplayOptions」が有効な時、スペースの再構築ボタンが表示されないケースを修正しました。
  • エディタへのアセットの挿入画面でプレビューアイコンのリンク先が正しくセットされない問題を修正しました。
  • URLに「%20」文字列を含む時ダイナミック・パブリッシングでページが表示できないケースを修正しました。
  • スケジュールタスクの実行時に Undefined array key 0 (2) occuredエラーが出力される問題を修正しました。
  • URLマップに「../」を含む時、深夜のスケジュールタスクの実行時にURLが付け替えられてしまう問題を修正しました。尚、URLマップに「../」を含むのは非推奨となります。
  • 「%20」を含むURLが深夜のスケジュールタスクの実行時に「%20」が「 」(半角スペース)に置き換えられてしまう問題を修正しました。
  • アセットのリビジョンを作成した時にオリジナルのファイルがディスクから削除される問題を修正しました。
  • プラグイン「Members」が提供するプロフィール編集画面でカラムに設定されているバリデーションが行われない問題を修正しました。
  • プラグイン「Abs2Rel」でパスのない URL がエラーとなる問題を修正しました。
  • プラグイン「DisplayOptions」の「メニューの表示調整」画面で、システムスコープの時に不要なモデルが表示される問題を修正しました。
  • プラグイン「SimplifiedJapanese」の summarizeメソッドでstrongなどの一部のタグを含む時に Undefined variable: element (8) occured エラーが出るのを修正しました。
カテゴリ   :   リリースノート
最終更新 : 2022-05-12 15:42