禁止ワードチェック・表記揺れ対策(BannedWordsプラグイン)

BannedWords プラグインは、禁止ワードチェック・表記揺れの修正をサポートします。自動置換も可能で、禁止ワードを含むオブジェクトの保存を制限することもできます。

設定

  • プラグインを有効化し、各スコープのプラグイン設定で対象のモデルを選択してください。
  • デフォルトでは記事・ページ・タグが対象です。
  • 1行に1単語を入力してください。 置換する場合はカンマで区切って置換文字列を入力してください。
  • 禁止ワードについては、大文字小文字を区別しません。
  • スペースの設定では「システムのルールを継承する」が選択できます。
  • 「禁止用語を含むオブジェクトの保存を許可しない」にチェックを入れると、禁止用語を含むオブジェクトは保存できなくなります。

プラグイン「BannedWords」の設定

ルールの例

アルファード,アルファサード
PowerCMS ☓,PowerCMS X

対象となるカラム

  • text_format, basename, extra_path, rev_changed, rev_diff, rev_note, uuid以外のテキスト型のカラムがチェック対象となります。

設定したモデルのオブジェクトに対する保存時の動作

  • 禁止用語を含むオブジェクトを保存した時、エラーメッセージが表示され、対象のカラムの外側に赤い枠線を表示します。
  • エラーメッセージの下に、対象カラム名と禁止ワードを表示します。
  • 置換文字列の指定がある時、チェックボックス付きの一覧が表示され、チェックを入れたものを次の保存時に置換します。
  • 設定「禁止用語を含むオブジェクトの保存を許可しない」指定のない時、「チェックのないものは無視してオブジェクトを保存する」チェックボックスが表示されます。
  • 「チェックのないものは無視してオブジェクトを保存する」にチェックを入れて保存をクリックすると、禁止ワードを含んだままオブジェクトを保存することができます。
禁止ワードチェックのスクリーンショット