PowerCMS X ブログ

2021-12-10

PowerCMS X ver.3 開発者ミーティング を開催しました

2021年12月9日、「PowerCMS X ver.3 開発者ミーティング」と題して、ウェビナーを行いました。ご登録いただいた72名のうち、(弊社社員も含め)69名ものご参加をいただき、まことにありがとうございました。

今回のウェビナーは、いつものライブに加えて動画を配信する形式にしました。世の中的には一般的になっている方法ですが、弊社としては初の試み。裏方は結構バタバタでしたw

当日、東京オフィスに出勤2名、あとは全員オンラインという体制で臨みました。
全員そろってのリハは簡易なものを直前の1回のみ。本番中少々焦る場面もありましたが、概ねうまくいったのでよかったです。

配信風景

ミニセミナー「PowerCMS X の製品概要と PowerCMS 5 との違い」:野田 純生

ミニセミナー「PowerCMS X の製品概要と PowerCMS 5 との違い」

PowerCMS と PowerCMS X は何が違うのか、PowerCMS X にしかできない機能などをデモを交えながら解説しました。
急遽追加して時間が30分と短かったため、「もっと詳しく聞きたい」というアンケート結果を複数いただきました。いただいたご意見を元にロングバージョンの企画を検討いたします。

「PowerCMS X ver.3 の概要」:野田 純生

「PowerCMS X ver.3 の概要」

開発者からの要望をかなえたアップデートのご説明をいたしました。
開発者にとって、より開発しやすくなりました。

「AWSを利用したウェブサイトホスティングと PowerCMS X」:AGT 長内 毅志様

AWSの基礎知識と、PowerCMS X のプラグインの連携方法についてご説明いただきました。インフラ構成がより楽になると思います。

「Restful API」:藤本 裕考

「Restful API」

かなりエンジニアよりで専門的過ぎたというご意見もいただきましたが、外部サービスとの連携などが必要なときなどにぜひご活用ください。

「強化されたテーマ機能と GitHub 連携」:野田 純生

「強化されたテーマ機能と GitHub 連携」

テーマやテンプレートの Github 連携は社内でもかなり昔から要望のあった機能でした。ほかにも開発環境と公開環境を分離する方法などのアイデア満載です。

当日の動画については参加者のみなさまには週明けにご連絡予定です。
一般公開も年内に公開できるよう準備中です。

PowerCMS X Advent Calendar 2021

PowerCMS X に関する話題を取り上げるAdvent Calendarです。
技術的な話題でなくとも構いませんので、皆さまもお気軽にご参加ください。
開発者ライセンスの活用やビギナー向けの記事などもあります。
https://adventar.org/calendars/6606

カテゴリー:イベント・セミナー情報

投稿者:csato

ブログ内検索

アーカイブ