PowerCMS X ブログ

2020-10-07

プラグインの設定方法と、タグリファレンスの表示方法

はじめに

この記事では、 PowerCMS X のプラグインの設定方法をご説明します。
また、あらかじめ有効化しておくと便利なプラグインとして、タグリファレンスを表示できる「MTMLReference」をご紹介します。

プラグインは、 CMS の機能追加や拡張ができる機能です。
PowerCMS X のインストール完了時点で利用できる機能の他に、必要に応じて各種機能を追加できます。
プラグインは、個別に有効 / 無効を設定可能です。

PowerCMS X のプラグインの設定方法

  1. PowerCMS X の管理画面の、システムメニューの [ツール] - [プラグイン管理] をクリックします。
    CMS 環境に含まれている、プラグインの一覧が表示されます。

    スクリーンショット: システムメニューの、ツールの「プラグイン管理」をクリックする

  2. プラグイン管理の画面で、対象のプラグインの [プラグインを有効化] をクリックします。
    (または、対象のプラグインのチェックを入れて、 [有効] をクリックします。)
    管理画面に機能が追加されます。 (プラグインに応じて、メニューやボタン、設定項目、テンプレートタグなどが増えます。)

    スクリーンショット: プラグイン管理の画面

  3. モデルの更新をともなうプラグインの場合、画面に [スキーマのアップグレード] のリンクが表示されます。
    スキーマ管理の画面で、対象モデルのチェックを入れて、アップグレードを実行します。
    (システムメニューの、 [ツール] - [スキーマ管理] からも表示可能です。)

※事前に、外部コマンドのインストールや、環境変数の追加が必要なプラグインもございます。
個別のプラグインについて、詳しくは「オンラインドキュメント」をご覧ください。

なお、標準プラグインや有償プラグインの他、お客様独自のプラグインを作成することも可能です。
PowerCMS X のプラグインは、 PHP で記述します。

タグリファレンスについて (MTMLReference プラグイン)

あらかじめ有効化しておくと便利なプラグインとして、タグリファレンスを表示できる「MTMLReference」をご紹介します。
外部コマンドや環境変数を必要としない、シンプルなプラグインで、確認に利用できておすすめです。

PowerCMS X のテンプレートの作成では、テンプレート言語「PAML (PHP Alternative Markup Language)」を使用します。
HTML を拡張し、独自のテンプレートタグを追加した、 PowerCMS X 用の記法です。
(従来の PowerCMS の記法は、直接継承はしていませんが、多くの場合同じ書き方ができます。)

タグリファレンスは、 PowerCMS X のテンプレートタグの参考情報です。
CMS 環境内で使用できる、テンプレートタグの一覧 (タグ、説明、タグ属性) が表示されます。

テンプレートタグは、バージョンアップで随時追加される他、各種プラグインの有効化で追加される場合があります。また、モデルやカラムを作成することで、独自のテンプレートタグを追加することもできます。このため、CMS 環境に応じて種類が増えます。

タグリファレンスの表示方法

  1. PowerCMS X の管理画面の、システムメニューの [ツール] - [プラグイン管理] をクリックします。

    スクリーンショット: システムメニューの、ツールの「プラグイン管理」をクリックする

  2. プラグイン管理の画面で、「MTMLReference」の [プラグインを有効化] をクリックします。
    システムメニューに「タグリファレンス」が追加されます。

    スクリーンショット: プラグイン「MTMLReference」の有効化

  3. システムメニューの [ツール] - [タグリファレンス] をクリックします。
    CMS 環境内で使用できる、テンプレートタグの一覧が表示されます。

    スクリーンショット: システムメニューの、ツールの「タグリファレンス」をクリックする

    スクリーンショット: タグリファレンスの画面

  4. 検索して、情報を絞りこむこともできます。 (例: キーワード「property」の検索結果)

    スクリーンショット: タグリファレンスの検索画面 (キーワード「property」の検索結果)

関連ドキュメント

最後に

スペースの作成テーマの適用の他に、最初に設定すると良さそうな点として、プラグインの設定方法とタグリファレンスの表示方法をご紹介しました。
この他、管理画面のダッシュボードにサイトマップを表示する「SiteMap」、画面オプションの設定をカスタマイズできる「DisplayOptions」もおすすめです。
実装を開始する際の参考になりましたら幸いです。

アルファサードでは、無償でご利用いただける PowerCMS X 評価版のご提供の他、オンラインでのお打ち合わせ、製品説明のご希望もお受けしております。ご不明の点がございましたら、 PowerCMS X のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

カテゴリー:テンプレート作成Tips | プラグイン | 技術情報

投稿者:kaida

2020-09-25

複数のモデルから公開日順に5件出力する方法

複数のモデルから公開日順に5件出力する方法について解説します。

方法としては、以下の3点で実装できます。

  1. ビューで各モデルの情報を配列に入れLoopで取り出す方法
  2. SearchEstraier プラグイン (サイト内全文検索機能) を使用して、属性検索を行う方法
  3. プラグインで実装する方法※

※(2020/11/18追記)プラグインを公開しました - 複数のモデルのデータをマージしてソート出力する (MixedObjectsプラグイン) 

本記事では1のビューで各モデルの情報を配列に入れLoopで取り出す方法をメインに解説します。



ここでは記事モデルをコピーして、TestAモデル、TestBモデル、TestCモデルを作成しました。

以下のビューは、この3つのモデルの中から公開日順に5件出力するサンプルとなります。

サンプルビュー

<!-- TestAモデルを公開日順で10件出力 -->
<mt:testas cols="title,published_on" sort_by="published_on" sort_order="descend">
    <mt:testatitle setvar="test_title">
    <mt:testapublishedon setvar="test_pub">
    <mt:setvar name="test_ids" key="$test_pub" value="$test_title"><!-- 公開日をキーに配列に格納 -->
</mt:testas>

<!-- TestBモデルを公開日順で10件出力 --> <mt:testbs cols="title,published_on" sort_by="published_on" sort_order="descend"> <mt:testbtitle setvar="test_title"> <mt:testbpublishedon setvar="test_pub"> <mt:setvar name="test_ids" key="$test_pub" value="$test_title"><!-- 公開日をキーに配列に格納 --> </mt:testbs>
<!-- TestCモデルを公開日順で10件出力 --> <mt:testcs cols="title,published_on" sort_by="published_on" sort_order="descend"> <mt:testctitle setvar="test_title"> <mt:testcpublishedon setvar="test_pub"> <mt:setvar name="test_ids" key="$test_pub" value="$test_title"><!-- 公開日をキーに配列に格納 --> </mt:testcs>
<!-- 配列をキーの降順でループ --> <mt:loop name="test_ids" sort_by="key,reverse"> <!-- 5件だけ出力 --> <mt:if name="__counter__" le="5"> <mt:var name="__value__"> ---- <mt:var name="__key__"><br> </mt:if> </mt:loop>


2,3は別の機会にご紹介しますが、SearchEstraier プラグイン (サイト内全文検索機能) を使用して属性検索を行う方法を少し触れておきます。

https://powercmsx.jp/about/search_estraier_plugin.html


対象のモデルを検索インデックスの対象とし、最新版では mt:estraiersearch タグに no_query 属性が指定できますので、以下のように属性で出力します。

「タグ」で絞り込む例:

<mt:estraiersearch no_query="1" ad_attr="@tags" add_condition="STRINC" value="ドキュメント">
</mt:estraiersearch>

カテゴリー:テンプレート作成Tips | 技術情報

投稿者:aihara

2020-09-17

PowerCMS X クラウドの提供を開始

全くゼロベースで設計・実装された PowerCMS X のリリースからおよそ2年、ついにPowerCMS X クラウドの提供を開始します。

AWS 上に構築したパフォーマンス最適化済みのPowerCMS Xをすぐにご提供

PowerCMS X クラウドは、アマゾンウェブサービス(以下、AWS)上にPowerCMS X をインストールした状態でご提供するものです。
PowerCMS X に備わったすべての機能がそのまま利用できるだけでなく、運用負荷を大幅に軽減するクラウド版ならではの機能とサービスのご提供はもちろん、AWS ならではのメリットや信頼性を活かしたサービスです。

もちろん、PowerCMS X のサポートチームの手厚いサポートは今まで通り受けられます。

また、クラウド版においては、下記の有償プラグインは標準バンドルされています。
UploadUtilities / EmailMagazine / DocumentSearch / SiteSync

コントロールパネルのご提供について

提供時期は調整中ですが、すべてのご契約にコントロールパネルを通して下記の機能が提供されます。
  • 今月、先月のデータ転送量の確認
  • 今月のメール送信数の確認
  • 仮想ホスト設定および証明書設定
  • マシンの稼働状況の確認および再起動
  • Webサーバのアクセスログのダウンロード
  • SFTP 接続アカウント情報の確認
  • 最新版ビルドの適用

以下、後日提供開始予定の機能

  • コントロールパネル
  • Trend Micro Cloud One - Workload Security
  • オプション:CDN+S3静的ファイルホスティング追加

PowerCMS X クラウド価格表

PowerCMS からの移行については初期費用 50%OFFとなります。
お問い合わせはこちらのフォームからお願いします

PowerCMS Xクラウド
初期費用
1,200,000
スタンダードプラン エントリープラン
月額
70,000
月額
40,000
データ転送量
250GB / 月まで定額
メール送信
40,000通 / 月まで送信可能
ライセンス種別
Multi
リージョン
東京
リージョン
米国西部(オレゴン)
スペック
EC2 t3a.medium ディスク128GB
RDS dbt3.small ストレージ20GB
スペック
EC2 t3a.small ディスク128GB
RDS dbt3.small ストレージ20GB
バンドルプラグイン
UploadUtilities / EmailMagazine / DocumentSearch / SiteSync
オプション / 従量部分
EC2追加(Multi-AZ化) 15,000円/台(エントリープランは10,000円)
RDS追加 (Multi-AZ化) 15,000円
NFSディスク容量変更 (128GB → 512GB) 25,000円
RDSストレージ容量変更 (20GB → 200GB) 7,500円
メール送信数超過分 (2000通ごと) 2000通/250円
データ転送量超過分(10GBごと) 250円/10GB
CDN+S3静的ファイルホスティング追加(転送200GBまで) ※後日提供予定 10,000円/台
CDNデータ転送量超過分(10GBごと) ※後日提供予定 500円/10GB
  • 初期費用には PowerCMS X のライセンス費用を含みます。
  • 月額費用には PowerCMS X のサポートライセンス費用を含みます。
  • すでにご利用中の Multi ライセンスの既存環境から PowerCMS X クラウドに移行される場合は初期費用は不要です。
  • Single ライセンスから移行される場合は、Multi ライセンスへのエディション変更費用が必要です。
  • 本ページ記載の価格はすべて税抜きです。

カテゴリー:リリース&アップデート情報 | PowerCMS X クラウド

投稿者:Masaki

ブログ内検索

アーカイブ