PowerCMS X ブログ

2022-02-07

「CMS機能要件表」に○×を入力するためのヒント PowerCMS X 版

以前、「CMS機能要件表」に○×を入力するためのヒント | PowerCMS ブログ 別ウィンドウで開きます という記事を書きました。今回はこれの PowerCMS X 版です。

PowerCMS 同様、PowerCMS X についても「お客様に提案したいので、機能要件を満たしているか一覧表を確認してほしい」というご連絡をいただくことが増えてきました。

お客様が自社のウェブサイトや、導入する CMS の管理画面にほしい機能が「標準機能」であるかどうか、カスタマイズすれば実現可能かどうかといった項目がズラリと並び、○や×をつけていく一覧表のことです。自治体・公的機関のウェブサイトリニューアルのプロポーザルや、民間企業のコンペ等で CMS 導入が含まれているものに関わったことのある方なら、見たことがあると思います。

お問い合わせをいただくタイミングや要件表のボリュームによっては、回答までに数日〜1週間程度お時間をちょうだいすることもありますので、早めにご連絡いただけると非常にありがたいのですが、もうひとつ、分かる範囲で構いませんので先にある程度埋めていただくことをお願いしています。ぜひともご協力をよろしくお願いします。

そこで、「CMS機能要件表」をある程度埋めておくために必要な情報が記載されている資料やページ、ヒントになるようなブログ記事をピックアップしました。

これらをご一読いただき、我々と一緒に 「CMS機能要件表」を埋めていきましょう。

製品パンフレット (PDF形式: 22.4MB) 別ウィンドウで開きます

製品パンフレットをお渡しする機会が減ってしまいましたが、実は PowerCMS X のパンフレットには機能要件表を掲載しています。よくある項目は網羅していますので、ぜひ一度ご確認ください。日数に余裕をもってお問い合わせいただければパンフレットの現物をお送りすることも可能ですので、送付先と希望部数を添えてお問い合わせください。

基本的な情報

ドキュメント

PowerCMS X に関するほぼすべての情報がこの「ドキュメント」に掲載されています。
たとえば要件に「ワープロソフトのような WYSIWYG インターフェース」とあれば、「リッチテキストエディタ」のページが該当します。

新機能の多くはプラグインの形で追加されていきますので、「△△プラグイン」とプラグイン名が記載されていることがあります。一部のプラグインが別売りのオプションプラグインとなっていますのでご注意ください。その場合はそれぞれのページに記載されています。

以下、よくご案内するページをピックアップします。ドキュメントのトップページにはドキュメント検索機能もありますのでぜひご活用ください。

PowerCMS X ブログ

PowerCMS X ブログでは、技術的な情報やお問い合わせが多い項目について掲載していますので、こちらも合わせてご覧ください。機能要件表だけではなく、ご提案の参考になりそうな記事をピックアップします。

要件が満たせない、そんなときは?

案件固有のご事情やご要望があり、PowerCMS X の標準機能では○がつけられない場合があります。その場合は、カスタマイズによる実現可否を検討することになります。PowerCMS X は PHP でプラグインを作成することができるため、独自のプラグイン開発がしやすくなりました。プラグイン作成方法も公開しています。

もちろん、弊社でもカスタマイズのお手伝いは可能です。ご要望に応じて概算見積りをいたしますのでご相談ください。概算見積りをご希望の場合も、なるべくお早めにお知らせいただけると助かります。

ただし、この時点でのお見積りについては要件が不明瞭なことが多いため、精度の高い数字をお出しするのは困難であることをご了承ください。

デモへの同行、提案の支援も行なっています。

クライアント先で実施されるデモへの同行、CMS のプレゼンテーション代行など、提案支援を積極的に行なっています。2022年2月現在、主にオンライン会議ツールを使用してリモート参加となることが多いですが、状況が許せば直接お伺いすることも可能です。ぜひお問い合わせください。

参考:ウェブ制作会社様、システム開発会社様のコンペ、提案、公共機関へのプロポーザル案件における CMS のデモンストレーションサポートを行ないます 別ウィンドウで開きます

カテゴリー:サポート

投稿者:Masaki

ブログ内検索

アーカイブ